全身脱毛 自己処理

全身脱毛 自己処理

「脱毛サロンに行く前の自己処理っていつ、どうやればいいの?」
「どのくらい剃り残しがあると施術NGになるの?」

 

あなたは、そんなふうに悩んではいませんか?

 

初めて脱毛サロンに行くときは、わからないことだらけで不安ですよね。
自己処理をしなくて良いように脱毛サロンに行き始めたのに、結局自己処理しないといけないの?という思いもあるでしょう。

 

この記事では、脱毛サロンのスタッフさんに聞いた、脱毛サロンに行く前・通っている最中の自己処理のやり方を解説します。
自己処理が必要な理由や肌を傷つけにくい脱毛方法、処理しにくい場所の脱毛方法についても解説するので、是非参考にしてください。

 

この記事が、正しい脱毛方法がわからず困っている人のお役に立てましたら幸いです。

 

サロン通い中の自己処理について

サロン通い中の自己処理について

脱毛サロンに通っている間は、適切な方法でムダ毛を自己処理しなければなりません。
ここから詳しくご説明します。

 

脱毛前に自己処理が必要な理由

脱毛エステを受ける場合、前日までにムダ毛を自己処理する必要があります。
なぜなら、自己処理を怠ると利用者側は不利益を被ってしまうからです。

 

ムダ毛を自己処理せずにエステサロンへ行ったとしても、施術をやってもらえない可能性があります。
また、ムダ毛を残したまま施術を受けるのは、肌にも良くありません。
自己処理をしていない場合、しっかり脱毛できないだけでなく。肌がダメージを受けてしまうこともあります。

 

このような不利益を避けるためにも、サロン通い中は自己処理をしっかり行うことが大切です。

 

脱毛サロンに行く前の自己処理のやり方

サロンへ行く前の自己処理は必須ですが、正しい方法で行わなければ、かえって逆効果です。
ムダ毛を自己処理する際は、どの道具を用いるかが大切です。
肌にダメージを与えないことからも、電気シェーバーを使って自己処理するのが良いでしょう。

 

ムダ毛の自己処理は、エステの前日までに行ってください。
施術の1〜2日前にやっておくのがベターです。
遅くとも、前日の夜までには自己処理を済ませておきましょう。

 

また、ムダ毛を剃る長さにも気を付けてください。
自己処理する際は、毛を2ミリか3ミリ残すよう意識します。

 

このように、ムダ毛を自己処理する時は、使用する道具、剃る時期、毛の長さに注意する必要があります。
もちろん、自分で毛を剃った後は、肌の保湿を忘れないようにしてください。

 

脱毛サロンから帰ってきた後、ムダ毛が気になる時

脱毛エステを受けた後にムダ毛が気になる場合、毛が抜け落ちるまで待つ必要はありません。
気になるムダ毛は自分で剃ってしまって大丈夫です。
自己処理する際は、肌にダメージを与えない電気シェーバーを使用しましょう。

 

また、施術を終えてからしばらくすると、再び毛が生えてきます。
これは、フラッシュ脱毛で抜け落ちた後に生えてくる新しい毛です。
個人差はありますが、エステを受けてから1〜1.5ヶ月で生えてくるのが一般的です。

 

もう一度ムダ毛を剃りたいと思ったら、自分で処理してしまって問題ありません。
もちろん、電気シェーバーを使って、肌に負担をかけないように自己処理しましょう。

 

脱毛サロン通い中にやってはいけないこと

脱毛サロンに通っている時は、いくつか禁止事項があります。

 

まず、正しい道具で自己処理を行うことが重要です。
ムダ毛の処理は電気シェーバーで行うのが基本で、カミソリやクリームを使ってはいけません。
シェーバー以外の方法で自己処理すると、肌を痛めてしまう可能性があります。

 

また、ムダ毛を自分で抜いてしまうのもNGです。
エステを受けた後、ムダ毛が残っていて気になることもあるでしょう。
たとえ残ったムダ毛が少しであったとしても、自分で抜いてはいけません。
自分で抜くと肌に負担を与えてしまうので、気になるムダ毛は電気シェーバーで処理してください。

 

入浴中の自己処理も、感染のリスクがあるため危険です。
ムダ毛の処理は、肌が清潔な状態の時に行うのが基本です。
それだけでなく、自己処理が終わった後の保湿も忘れてはなりません。
このようにして肌の状態に気を遣わなければ、エステの効果も薄まってしまいます。

 

自己処理についてのQ&A

自己処理についてのQ&A

続いて、ムダ毛の自己処理についての疑問にお答えします。

 

肌を傷つけにくい自己処理のやり方は?

せっかくお金を払ってエステを受けても、自己処理で失敗し、肌を傷つけてしまっては元も子もありません。
ムダ毛を自分で処理する時は、肌を傷つけないよう細心の注意を払いましょう。

 

肌を傷つけにくい自己処理のやり方としては、まずムダ毛を剃るための道具を間違わないことが大切です。
自己処理にカミソリやクリームを使うのは、避けた方が良いでしょう。

 

ムダ毛を剃る際は、電気シェーバーを利用するのがベターです。
また、サロンへ行く前日までに自己処理を終わらせておくと、肌に負担がかかりません。

 

ムダ毛の自己処理は、肌が清潔な時に行ってください。
剃るタイミングを間違えると、肌を傷つけてしまう恐れがあります。

 

入浴中に毛を剃るのも、危険なので注意しましょう。
入浴中は肌が傷つきやすい状態になっており、感染リスクもあります。

 

そして、肌を傷つけないために肝心なのが保湿です。
シェービングが完了したからといって放置しておかず、必ず保湿を行ってください。

 

自己処理しにくい箇所はどうしたらいい?

いざムダ毛を自己処理しようと思っても、背中やVIOは自分一人ではやりにくいです。
脱毛サロンへ行く前には、このような自己処理しにくい箇所もきれいにしておく必要があります。

 

特に背中はシェーバーが届きづらいうえ、鏡を見ながらでないと思うように剃れません。
背中のムダ毛を上手く剃れず悩んでいる方におすすめなのが、背中専用シェーバーです。
背中用シェーバーは通常のシェーバーよりも長い形状なので、背中の毛も剃りやすいです。

 

また、IラインやOラインも自分一人だと簡単には剃れません。
これらのデリケートゾーンは、手鏡を見ながら慎重に自己処理してください。

 

毛を剃る道具も、小さなものを利用するのがベターです。
肌を傷つけてしまわないように、明かりで照らしながら剃っていくと安全です。

 

VIOに関しては、最初に小さなハサミで毛を少し切っておくと、シェーバーでの処理がやりやすくなります。
正しい方法で自己処理を行い、肌にダメージを与えないよう意識することが大切です。

 

なお、背中やOラインは、サロン側で剃ってもらえることもあります。
その場合は自己処理が不要なので、前もって確認しておきましょう。

 

VIO脱毛に行く前の自己処理はどこまで剃るの?

VラインはIラインやOラインと違って、自己処理する際に意識するべきことがあります。
それは、どこまでムダ毛を剃るのかということです。
Vラインのムダ毛をなくしてハイジニーナを目指す場合は、自己処理する際も、毛を全て剃ってください。

 

一方、毛の形を整えたいだけの場合、自己処理のやり方が少し違ってきます。
毛を整えたい方も、自己処理を始めてから最初の何回かは、全ての毛を剃りましょう。
しかし、その後は毛を残し、徐々に形を整えていきます。

 

このようにVラインの剃り方は、自身の希望によって異なります。
それに対し、IラインとOラインは、毎回全て剃ってしまって問題ありません。

 

自己処理しないでいくとどうなるの?

自己処理していない状態でサロンへ行ったとしても、利用者側にとってメリットは全くありません。
ムダ毛をきれいにしていない状態だと、施術をやってもらえない可能性があります。
サロンのスタッフにムダ毛を処理してもらうことも可能ですが、シェービング代がかかってしまう場合が大半です。

 

このように自己処理を怠るデメリットは大きいですが、一方で、自己処理不要なサービスやシェービング無料のサロンも存在します。
毎回自分でムダ毛を剃るのが面倒な方は、そのようなサロンで契約するのが良いでしょう。

 

まとめ

自己処理のまとめ

最後に、当記事の内容をまとめます。

 

  • 基本的に脱毛エステを受ける前日までには、自分でムダ毛を処理する必要がある。
  • 自己処理していないと、施術をやってもらえない可能性がある。
  • 自己処理はカミソリやクリームではなく、電気シェーバーで行う。
  • 入浴中の自己処理は危険。
  • 背中やVIOも自己処理する必要がある。
  • Vラインの剃り方は、自身の希望によって異なる。
  • 自己処理不要なサービスも存在する。

 

脱毛サロンに通っている間は、正しい方法で自己処理を行いましょう。

この記事を書いた人
大阪おすすめ脱毛マップライター 渡辺ゆい 渡辺ゆい
20代前半に脱毛サロンに通い始め、サロン脱毛・医療脱毛両方を経験。現在は脱毛完了済。
私自身、サロンやクリニック選びには悩んだので、この経験を生かして、これから脱毛をお考えの方の役に立てる記事を書いていきたいです!
渡辺ゆいのTwitter 渡辺ゆいのFacebook

公式SNS

大阪おすすめ脱毛マップTwitter 大阪おすすめ脱毛マップFacebookページ 大阪おすすめ脱毛マップNewsPicks