全身脱毛 自己処理

> 全身脱毛前には自己処理が必要

1.施術前に自己処理をしていないと脱毛サロンで脱毛してくれない事がある?

エステサロンや医療機関で施術される脱毛は、受ける前に必ずムダ毛を処理しなければなりません。
サロンによっては、施術前にサロンスタッフが行ってくれるところもありますが、脱毛料金の安さを売りにしている多くのサロンでは、ジェービング代が別でかかったり、シェービング自体行ってくれないところもあります。
サロンでシェービングを行ってくれない場合は、自分で処理して行かなければならず、剃り残しや剃り忘れがあると、施術自体を断られる場合もあるのです。
剃り忘れによる施術キャンセルは、回数契約している場合、1回にカウントされてしまうので、とてももったいないです。

 

1-1.なぜ事前に自己処理が必要なの?

キレイモや銀座カラーなどのエステサロンで受けられる光脱毛は、ムダ毛のメラニンに反応する光を照射し、毛根にダメージを与えて処理をする仕組みになっています。
自己処理していない、ムダ毛が伸びた状態で照射すると、毛根だけでなく肌にもダメージを与えてしまい、肌荒れなどのトラブルの原因となります。
そのため、電気シェーバーやカミソリでの自己処理を施術前に行わなければならないのです。
毛抜きや除毛クリームだと、毛根ごと抜いてしまうので、光脱毛の効果を得ることができません。
カミソリを使用する場合は、肌が傷ついたりすると脱毛が受けられませんので、注意しましょう。

 

1-2.当日ではなく前日までには自己処理を済ませておくべき理由

光脱毛の効果が一番得られると言われている理想のムダ毛の長さは、1ミリから2ミリです。
とくに脱毛を始めてすぐのころは毛の成長スピードが早いので、2日以上前に自己処理を行うと、予約日までに伸びてしまう可能性があります。
かといって、当日の朝にあわてて処理すると、肌が赤くなるなどの肌トラブルが発生することがあります。
肌が荒れている状態とサロンスタッフが判断した場合は、施術ができない場合もあるので、前日の夜に処理をするのがおすすめです。
カミソリで行う場合には、ボディクリームやシェービングクリームを使用し、肌を傷つけないよう気をつけましょう。

 

1-3.手が届かない背中やデリケートゾーンの毛の処理はどうする?

自己処理をしていかないといけないことはわかりましたが、手の届かない部分やデリケートな部分はどうすればいいのでしょうか。
一人では自己処理できない背中やデリケートゾーン、襟足、お尻、腰などは、サロンで当日処理してくれる場合が多いです。
シェービング代は、サロンによって無料であったり追加料金がかかったりと違いがあるようです。
また、カミソリや電気シェーバーを持参しないといけないサロンも中にはあります。
持参するカミソリもフェイス用限定など決まりがあるサロンもあります。
脱毛を契約する時に、必ずサロン側に確認するようにしましょう。

 

1-4.一番良い自己処理方法はカミソリか電動シェーバー

脱毛前の自己処理に使用するのは、カミソリか電気シェーバーがおすすめです。
毛抜きや除毛クリームで無駄毛を自己処理してしまうと、毛根までなくなってしまいます。
エステサロンや医療機関で受けられるフラッシュ脱毛やレーザー脱毛は、光を毛根に当てて弱らせる脱毛方法なので、毛根がなければ効果を得られません。
カミソリでも電気シェーバーでも、どちらでもいいのですが、できることなら電気シェーバーが推奨されています。
カミソリでの自己処理は、角質を傷つけ肌の乾燥や肌荒れの原因となることがあるからです。
あまりに乾燥していると、施術を断られることもありますので、カミソリで処理した場合はしっかり保湿しましょう。

 

全身脱毛 自己処理 カミソリ

2.自己処理はツルツルになるまでする?どの程度まで処理するべきか

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛の効果があるのは、1ミリから2ミリ程度のムダ毛です。
ツルツルになるまで自己処理してしまうと埋没毛の原因にもなりやすいので、そこまで処理する必要はありません。
カミソリよりも電気シェーバーで処理する方が、ちょうどいいのでおすすめです。
また逆に、全身脱毛の場合に忘れがちなのがお腹や胸などのうぶ毛です。
目立ちませんが、お腹などにも毛は生えています。
うぶ毛だからと放置せず必ず自己処理して行きましょう。
処理してみると意外に生えていて、肌がワントーン明るくなるのでビックリする人も多いようです。

 

2-1.腕、脚、顔、胸、お腹などの身体の前面の場合

基本的に自分で自己処理して行かなければならない個所は、腕や足、顔、胸、お腹などです。
できれば電気シェーバーで、剃り残しがないようすみずみまできれいに処理しましょう。
腕や足は処理し慣れているでしょうが、胸やお腹などは処理したことがないという人が多い部分です。
意外にうぶ毛がびっしり生えていたりするので、忘れずに行いましょう。
また、モモ裏や手足の指、甲なども忘れやすい部位ですので注意が必要です。
カミソリで行う場合は、シェービングクリームなどで刃の滑りを良くし、自己処理後はボディクリームで保湿、保護しましょう。

 

2-2.VIOラインの場合

VIOラインの自己処理は、サロンで行ってくれない場合は自分でしなければなりません。
鏡を使って、まずはハサミで毛を短くカットし、形を整えたら、電気シェーバーで剃っていきます。
下に新聞紙などを敷いておけば、あとの片づけも楽ちんです。
剃り残しがあると脱毛を受けられない場合もあるので、しっかり処理しなければなりませんが、デリケートな場所ですので慎重に行いましょう。
サロンで処理してくれる場合は、ハサミで見える範囲をカットする程度で大丈夫です。
あまりにも長い場合は、サロン側にも迷惑でしょうし、自分も恥ずかしいので、できる範囲で短くしていくのがおすすめです。

 

2-3.背中、おしり、腰など身体の背面部分の場合

背中やお尻、腰など自分で見えない、手が届かない部位に関しては無理をしないようにしましょう。
これらの部分は、どこのサロンでも処理をしてくれます。
できる範囲は、自分でシェービングし、難しいところはサロンの人に剃ってもらいます。
変にカミソリの刃やシェーバーの刃が当たって傷ができると、当日脱毛が受けられないこともあります。
脱毛サロンのエタラビでは、背中やお尻を含む全身をシェービングしてくれるサービスがあります。
脱毛の料金だけでなく、シェービングのあるなしや有料無料も、サロン選びの際に参考にされてみては?

 

2-4.自己処理で剃り残しがある場合はどうなる?

当日施術前に、サロンスタッフが確認をしたときに剃り残しがあると、無料でシェービングしてくれる場合と、有料でシェービングしてくれる場合、剃り残しの部分を避けて施術される場合、施術を断られる場合があります。
多くのサロンの場合は、有料の対応もしくは、シェービングを断る傾向にあるようです。
シェービングしてもらう場合も、自分でカミソリや電気シェーバーを持参するか、その場で購入しないとシェービングしてもらえないことがあります。
心配な場合は、シェービングに対してポジティブに対応してくれるサロンを選ぶのもおすすめです。