全身脱毛 痛い

> 全身脱毛って痛いんじゃないの?

1.全身脱毛はやっぱり痛い?

全身のムダ毛が気になる人にとって、全身脱毛は非常に魅力的なムダ毛のケア方法ではないでしょうか。
具体的に、全身脱毛は、エステサロンやクリニックで施術を受けることができます。
施術方法としては、エステサロンでは光脱毛、クリニックでは医療レーザー脱毛が主流となっている他、医療レーザー脱毛では、永久脱毛というムダ毛で悩んでいる人にとって夢のような効果を得ることができます。
しかし、この医療レーザー脱毛は強い痛みが伴うことでも知られています。
この痛みは人によって違いがあり、強い痛みを感じて途中で施術をやめてしまう人もいれば、それほどの痛みは感じなかったという人もいます。

 

全身脱毛 痛み

 

1-1.全身脱毛の痛みの強さはどのくらい?

医療レーザー脱毛を受けたいという人にとっては、どの程度の痛みなのかが気になりますよね。
耐えられる程度の痛みなら、誰でも施術を受けたいと思うのではないでしょうか。
人によって感じる痛みは違いますが、輪ゴムで肌をはじかれるような痛みと言われています。
輪ゴムではじかれる程度なら、特に問題ないと思う人もいるかもしれませんが、それが全身の脱毛となるとどうでしょうか。
レーザーが照射されるたびに輪ゴムではじかれていては、痛みに弱い人なら耐えられないと感じるかもしれません。
痛みが気になり、施術が受けられないという人は、まず部分的な施術や体験コースなどを利用してみるのが良い方法です。

 

1-2.パーツごとに痛みの強さが違う

痛みの感じ方は人それぞれですが、施術を受けるパーツによっても違いがあります。
痛みを感じやすい部分の特徴に、毛が濃いということがあげられます。
デリケートゾーンやワキなどは濃い毛が生えています。
この毛の色が濃いほど痛みを強く感じます。
その理由がレーザーの特徴にあります。
レーザーは黒色のメラニンに反応して照射されます。
毛が濃いほど、そのレーザーが集中して照射されるので、どうしても痛みを強く感じやすいようです。
また、膝部分は脂肪が少なく、痛みを強く感じたという人もいるようです。
このように、施術を受けるパーツによってその痛みもかなり違ってきます。

 

1-3.全身脱毛の痛みを軽くする方法

全身脱毛の施術を受ける時には、誰でも痛みなど感じることなく、快適に施術を終えたいものですよね。
この痛みを軽くする方法の一つが紫外線対策です。
というのも、光もレーザーも、黒色に反応して照射されます。
そのため、日焼けした黒い肌では、毛穴に照射されず皮膚に照射さるため、強い痛みを感じることもあります。
エステサロンやクリニックでは、日焼けの具合や肌色によっては、施術が受けられない場合もあります。
次に、生理中の施術を避けることも痛みの軽減には有効です。
その理由は、生理中は肌が敏感になっていることが多く、普段よりも強い痛みを感じることがあるからです。
脱毛を考えている人はしっかりと日焼けケアをしたり、自分の体調などによっては施術日を延ばしてもらうなどの工夫をしましょう。

 

1-4.ほぼ無痛で脱毛がしたいならこの方法がおすすめ

強い痛みを感じやすい医療レーザー脱毛では、日焼けケアをしっかりとしても、どうしても痛みを感じることになります。
そんな痛みを、ほぼ無痛でおこなう方法もあります。
それが麻酔です。
医療機関での施術なら、この麻酔を使って施術を受けることが可能です。
麻酔といっても手術などの時に使用する全身麻酔のような大掛かりなものではなく、皮膚に塗ることで、一時的に感覚を麻痺させるような麻酔を利用することもできるので安心してください。
この麻酔は、自分から頼まないとしてくれないので、痛みに耐えられないと思えば、すぐに伝えることをおすすめします。
そうすることで、痛みをほとんど感じることなく、快適に施術を受けることが可能です。

2.全身脱毛の脱毛方法による痛さを比べてみた

エステサロンやクリニックでの脱毛方法には、光脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛に別けることができます。
最も痛みが少ない施術方法が光脱毛です。
主にエステサロンでおこなわれている施術方法で、光脱毛の中には子供でも気軽に受けられる施術もあり、痛みが苦手という人には最適な施術方法です。
クリニックなどの医療機関で人気なのがレーザー脱毛です。
このレーザー脱毛は光脱毛よりも強い痛みを感じる施術方法ですが、その効果は、光脱毛よりもかなり高い効果が期待できます。
ニードル脱毛は、毛穴一つ一つに針を入れ、電気刺激によって脱毛をする方法で、脱毛方法の中でも最も効果が高いと言われているのですが、痛みも光やレーザーよりも強い痛みを感じる施術方法です。

 

2-1.医療レーザー脱毛で特に痛みが強く感じる部位

医療レーザー脱毛はその効果の高さから、光脱毛よりも強い痛みを感じる施術方法です。
その中でも、毛の濃い部分ほど強い痛みを感じることになります。
この毛の濃い部分こそ、最も永久脱毛をしたい部分でもあるのですが、その永久脱毛の効果を得るためには、強い痛みと戦う必要があります。
効果の高い医療レーザー脱毛といっても、永久脱毛のような効果を得るためには、5〜6回程度の施術は受ける必要があります。
通常3ヶ月に1度程度の頻度で施術を受けるのですが、施術日には痛みから通院するのも憂鬱になってしまうものです。
痛みが耐えられない時には、相談をすることで出力を下げてもらえたり、麻酔などの対処をしてくれるので、我慢をせずスタッフに伝えるようにしましょう。

 

2-2.デリケートゾーンの中でもIラインVラインなどのVIOラインは痛い

毛の濃い部分は、レーザーが集中して照射されることから強い痛みを感じることになるのですが、その中でも特に痛みを感じやすいのがVIOラインです。
このVIOラインは敏感な部分でもあり、痛みを強く感じる人も多いようです。
Vラインは水着になる機会の多い夏などに備えてしっかりとケアしておきたい場所です。
また、IラインやOラインは、人に見られるのが恥ずかしいと感じる人も多く、その場所の施術で強い痛みを感じることに抵抗がある人も多くいます。
しかし、IラインやOラインの永久脱毛をすることで、毛が生えなくなるだけでなく、臭い軽減などの効果あると言われ、我慢して受けるだけの効果は期待できそうです。

 

2-3.脇脱毛の痛みの感想

脇は全身のムダ毛の中でも毛が濃い部分でもあり、多くの人が痛みを感じているようです。
ただ、ネットなどで言われているほどの痛みは感じなかったという人も多くいます。
医療レーザー脱毛は脱毛効果が高い施術方法です。
そのため、1回目は強い痛みを感じていた人も、2回目、3回目になるとその痛みも弱まったと感じる人もいます。
医療レーザー脱毛は、1回施術をするだけでもかなりの効果が期待でき、生えてくる毛が薄くなってくるため、1回目よりも3回目の方が感じ方が弱くなったと考えられます。
効果の高い医療脱毛では、1回目や2回目の施術を乗り切ることがポイントになりそうです。

 

2-4.痛みには個人差が!あまりに痛い場合の対処法

医療レーザーの施術では、毛質や毛量、痛みの感じやすさなどによって個人差があります。
友人が医療レーザーを受けて痛みをほどんど感じなかったと聞いて、同じクリニックで施術を受けたのに、耐えられないほどの痛みを感じることもあるかもしれません。
この時に大切なのが、痛みを我慢しないということです。
高い効果のある医療脱毛でも、複数回の施術は必要となります。
理想とする体を手にするためには必要となる施術回数で、この施術を無事乗り切るためには自分に合った施術を受けることが大切です。
医療機関では笑気麻酔や肌に塗るタイプの麻酔まであり、痛みを軽減させることは可能です。
カウンセリングの時には、しっかりとその痛みに対しての対処法についても確認し、無理のない施術を受けるようにしましょう。