全身脱毛 痛い

> 全身脱毛で痛い部位はどこ?痛くない脱毛方法や脱毛サロンは?

全身脱毛はやっぱり痛い?

全身脱毛 痛み

全身のムダ毛が気になる人にとって、全身脱毛は非常に魅力的なムダ毛のケア方法ではないでしょうか。

 

具体的に、全身脱毛は、エステサロンやクリニックで施術を受けることができます。
施術方法としては、エステサロンでは光脱毛、クリニックでは医療レーザー脱毛が主流となっている他、医療レーザー脱毛では、永久脱毛というムダ毛で悩んでいる人にとって夢のような効果を得ることができます。

 

しかし、この医療レーザー脱毛は強い痛みが伴うことでも知られています。
この痛みは人によって違いがあり、強い痛みを感じて途中で施術をやめてしまう人もいれば、それほどの痛みは感じなかったという人もいます。

 

全身脱毛の痛みの強さはどのくらい?

医療レーザー脱毛を受けたいという人にとっては、どの程度の痛みなのかが気になりますよね。
耐えられる程度の痛みなら、誰でも施術を受けたいと思うのではないでしょうか。

 

人によって感じる痛みは違いますが、輪ゴムで肌をはじかれるような痛みと言われています。
輪ゴムではじかれる程度なら、特に問題ないと思う人もいるかもしれませんが、それが全身の脱毛となるとどうでしょうか。

 

レーザーが照射されるたびに輪ゴムではじかれていては、痛みに弱い人なら耐えられないと感じるかもしれません。
痛みが気になり、施術が受けられないという人は、まず部分的な施術や体験コースなどを利用してみるのが良い方法です。

 

パーツごとに痛みの強さが違う

痛みの感じ方は人それぞれですが、施術を受けるパーツによっても違いがあります。
痛みを感じやすい部分の特徴に、毛が濃いということがあげられます。

 

デリケートゾーンやワキなどは濃い毛が生えています。
この毛の色が濃いほど痛みを強く感じます。

 

その理由がレーザーの特徴にあります。
レーザーは黒色のメラニンに反応して照射されます。
毛が濃いほど、そのレーザーが集中して照射されるので、どうしても痛みを強く感じやすいようです。

 

また、膝部分は脂肪が少なく、痛みを強く感じたという人もいるようです。
このように、施術を受けるパーツによってその痛みもかなり違ってきます。

 

医療レーザー脱毛で特に痛みを強く感じる部位

医療レーザー脱毛はその効果の高さから、光脱毛よりも強い痛みを感じる施術方法です。
その中でも、毛の濃い部分ほど強い痛みを感じることになります。

 

この毛の濃い部分こそ、最も永久脱毛をしたい部分でもあるのですが、その永久脱毛の効果を得るためには、強い痛みと戦う必要があります。

 

効果の高い医療レーザー脱毛といっても、永久脱毛のような効果を得るためには、5〜6回程度の施術は受ける必要があります。
通常3ヶ月に1度程度の頻度で施術を受けるのですが、施術日には痛みから通院するのも憂鬱になってしまうものです。

 

痛みに耐えられない時には、相談をすることで出力を下げてもらえたり、麻酔などの対処をしてくれるので、我慢をせずスタッフに伝えるようにしましょう。

 

では、具体的にどの部位にどのような痛みがあるのかを紹介します。
(痛みが強い順に並べています。)

 

部位

特徴

VIO

肌が敏感で、また恥ずかしさによる緊張で痛みを強く感じる

ひざ上(太もも)

ひざ下よりも普段の露出が少なく、外部刺激に弱いため痛みを感じる

ひざ下から足元

脂肪や筋肉が少なく皮膚が薄いため、痛みが強い

わき

人により痛みの差が大きい
太めの毛を毛抜きで抜くイメージ

うなじ

髪の毛をゴムでひっかけたような痛さ

鼻の下

ピリピリとした痛さ

眉毛上、眉間

痛みはあるが比較的早く施術が終わる

顎、背中、腹、腕

毛が細く、肌も柔らかいので痛みは少ない

 

デリケートゾーンの中でもIラインVラインなどのVIOラインは痛い

毛の濃い部分は、レーザーが集中して照射されることから強い痛みを感じることになるのですが、その中でも特に痛みを感じやすいのがVIOラインです。

 

このVIOラインは敏感な部分でもあり、痛みを強く感じる人も多いようです。
Vラインは水着になる機会の多い夏などに備えてしっかりとケアしておきたい場所です。

 

また、IラインやOラインは、人に見られるのが恥ずかしいと感じる人も多く、その場所の施術で強い痛みを感じることに抵抗がある人も多くいます。
しかし、IラインやOラインの永久脱毛をすることで、毛が生えなくなるだけでなく、臭い軽減などの効果あると言われ、我慢して受けるだけの効果は期待できそうです。

 

脇脱毛の痛みの感想

脇は全身のムダ毛の中でも毛が濃い部分でもあり、多くの人が痛みを感じているようです。
ただ、ネットなどで言われているほどの痛みは感じなかったという人も多くいます。

 

医療レーザー脱毛は脱毛効果が高い施術方法です。
そのため、1回目は強い痛みを感じていた人も、2回目、3回目になるとその痛みも弱まったと感じる人もいます。

 

医療レーザー脱毛は、1回施術をするだけでもかなりの効果が期待でき、生えてくる毛が薄くなってくるため、1回目よりも3回目の方が感じ方が弱くなったと考えられます。
効果の高い医療脱毛では、1回目や2回目の施術を乗り切ることがポイントになりそうです。

 

全身脱毛の脱毛方法による痛さを比べてみた

エステサロンやクリニックでの脱毛方法は、光脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛に分けることができます。

 

施術名

特徴

痛みの強さ

光脱毛

・SHR脱毛、ハイパースキン脱毛など色々な手法がある

比較的弱い

レーザー脱毛

・脱毛器によって痛みに差がある
・クリニックによって扱う脱毛器が違う

光脱毛より痛みが強い

ニードル脱毛

・脱毛効果が最も高い

強い

 

最も痛みが少ない施術方法が光脱毛です。
主にエステサロンでおこなわれている施術方法で、光脱毛の中には子供でも気軽に受けられる施術もあり、痛みが苦手という人には最適な施術方法です。

 

クリニックなどの医療機関で人気なのがレーザー脱毛です。
このレーザー脱毛は光脱毛よりも強い痛みを感じる施術方法ですが、その効果は、光脱毛よりもかなり高い効果が期待できます。

 

ニードル脱毛は、毛穴一つ一つに針を入れ、電気刺激によって脱毛をする方法で、脱毛方法の中でも最も効果が高いと言われているのですが、痛みも光やレーザーよりも強い痛みを感じる施術方法です。

 

光脱毛の中で痛みが軽い脱毛方法は?

光脱毛には、SHR脱毛、ハイパースキン脱毛、SSC脱毛、IPL脱毛があります。
(以下の表は痛みが軽い順に並べています。)

 

サロンごとに採用している脱毛方法が違うので、事前に調べておきましょう。

 

脱毛方法

特徴

サロン

SHR脱毛

・毛根に熱を蓄積させ発毛を抑制する

・肌への負担が少ない

ストラッシュ

ハイパースキン脱毛

・低温照射のため痛みがほとんど無い

・3歳から脱毛可能、アトピーの方も脱毛可能

ディオーネ

SSC脱毛

・毛乳頭に照射し毛の再生機能を抑制する

・施術時間が短く、比較的痛みが軽減できる

脱毛ラボ
ミュゼ

IPL脱毛

・毛根に的確に照射するので肌へのダメージが少ない

・他の脱毛方法よりは痛みがある

銀座カラー
キレイラボ

 

レーザー脱毛で痛みが軽い脱毛方法は?

光脱毛より痛みを感じるレーザー脱毛ですが、レーザー脱毛器にはたくさんの種類があり、痛みの程度にも差があります。
ここでは比較的痛みが少ない、メディオスターNext Proとジェントルレーズを紹介します。

 

メディオスターNext Pro

脱毛効果の高さと痛みの少なさから大人気の最新機種です。
蓄熱式という、従来機器より低い力のレーザーを10倍以上のスピードで照射する方法をとり、少しずつダメージを与える仕組みです。

 

さらに、レーザー照射に合わせて冷却機能も働きます。
よって、痛みが少なく、また肌トラブルが発生しにくいのです。

 

従来の医療レーザー脱毛器は、メラニン色素に反応し、レーザーを照射することにより、毛の根本に熱を蓄積させダメージを与えます。
メディオスターNext Proは、毛の根本よりも肌表面に近い部分(バルジ領域)にレーザーを照射し、毛を再生させる元の部分を破壊します。

 

毛の根本よりも手前が照射対象なので、毛に邪魔されずにダメージが確実に届くため、脱毛効果が高いのです。

 

導入しているクリニック:ブランクリニック、クレアクリニック、リゼクリニック

 

ジェントルレーズ

医療レーザー脱毛器の中では一番の実績数があります。
痛みは比較的少なく、美白や美肌効果も期待できるので人気の機器です。

 

脱毛の仕組みは従来の機器と変わりませんが、照射するレーザーの種類に違いがあります。
すなわち、他の機器と比べてレーザーの波長が短いのです。

 

レーザーの波長が短いほど肌トラブルが起きにくくなるので、肌にストレスをかけずに脱毛ができます。
肌に「優しい=ジェントル」がジェントルレーズ命名の由来です。

 

導入しているクリニック:湘南美容外科クリニック、渋谷美容外科クリニック

 

全身脱毛の痛みを軽くする方法

紫外線対策をする

全身脱毛の施術を受ける時には、誰でも痛みなど感じることなく、快適に施術を終えたいものですよね。

 

この痛みを軽くする方法の一つが紫外線対策です。
というのも、光もレーザーも、黒色に反応して照射されます。

 

そのため、日焼けした黒い肌では、毛穴に照射されず皮膚に照射さるため、強い痛みを感じることもあります。
エステサロンやクリニックでは、日焼けの具合や肌色によっては、施術が受けられない場合もあります。

 

生理中の施術を避ける

次に、生理中の施術を避けることも痛みの軽減には有効です。
その理由は、生理中は肌が敏感になっていることが多く、普段よりも強い痛みを感じることがあるからです。

 

脱毛を考えている人はしっかりと日焼けケアをしたり、自分の体調などによっては施術日を延ばしてもらうなどの工夫をしましょう。

 

施術前に肌を保湿する

肌の保湿も大切です。
肌が乾燥していると、施術によるダメージが強くなるため痛みが増し、やけどや赤みといった肌トラブルの原因にもなります。

 

肌の乾燥を防ぐために日頃から保水と保湿を心がけましょう。

 

麻酔をかけてもらう

強い痛みを感じやすい医療レーザー脱毛では、日焼けケアをしっかりとしても、どうしても痛みを感じることになります。

 

また、高い効果のある医療脱毛でも、脱毛完了までには複数回の施術が必要です。
痛みがあると脱毛を続けられないので、無理せずに痛み対策をとりましょう。

 

医療機関での施術なら、麻酔を使って施術を受けることが可能です。
麻酔といっても手術などの時に使用する全身麻酔のような大掛かりなものではなく、皮膚に塗ることで、一時的に感覚を麻痺させるような麻酔を利用することもできるので安心してください。

 

この麻酔は、自分から頼まないとしてくれないので、痛みに耐えられないと思えば、すぐに伝えることをおすすめします。
そうすることで、痛みをほとんど感じることなく、快適に施術を受けることが可能です。

 

また、効き目は少し弱いですが、笑気麻酔も多く利用されています。
笑気麻酔とは、痛みを取るというよりは、リラックスさせることにより痛みを感じにくくさせる麻酔です。

 

亜酸化窒素を吸入用マスクを装着して鼻から吸うタイプの麻酔で、歯科治療でも良く見かけます。
全身麻酔と違い会話が出来る程度の強さなので、施術中に何が起きているかが分かるので安心ですね。

 

施術後に痛みが出た時は冷やして対応

光脱毛やレーザー脱毛は熱によりダメージを与える仕組みなので、施術後は皮膚が熱を持ちます。
従って、施術後に熱が原因で皮膚に痛みがでることがあります。

 

その場合は、しっかりと患部を冷却しましょう。
痛みがなくても、赤みやかゆみといった肌トラブルを予防するために、施術後は冷却することをお勧めします。

 

痛みの少ないサロン(クリニック)は?全身脱毛経験者の口コミ

ミュゼがおすすめです!

痛みにとても弱い私なので、「痛みが少ない脱毛」を第一条件に脱毛方法や脱毛サロンについて調べました。
痛みが少ないので光脱毛を選択したのですが、光脱毛でもいくつか手法があるとのことで、痛みと脱毛効果を考えて、SSC方式にしました。
ネットでミュゼのSSC方式は痛みが少ないとあり、それを選択しました。
実際に施術を受けたら、本当に痛みが少なくてびっくりしました。
また、施術についてきちんと説明をしてくれたので納得して施術を受けることができました。
そして施術後に注意するべきことも教えていただき、肌トラブルもありません。
施術時間は1回90分ほどと短いので、仕事帰りに通うことができました。
また、脱毛サロンの中では1番多くの店舗数を持っているので、自宅や会社付近の店舗を選びやすくて良かったです。

 

年齢:20代
性別:女性
評価(5点満点):★★★★

 

湘南美容外科に通っていました

全身脱毛は色々な方式や機器がある上、サロンやクリニックの数も多いので、どこを選べば良いのかとても悩みました。
最終的には脱毛効果を一番に考え、痛みを覚悟して医療レーザー脱毛を選択。
長い期間を脱毛にかけることは避けたかったので、施術回数が少ないと言われる湘南美容外科クリニックへ通うことにしました。
実際に施術を受けたら、覚悟していたほどの痛みはありませんでした。
私は元々肌が強いほうだったのか、肌が荒れたり赤くなったりもありませんでした。
しかし、やはりVIOラインは本当に痛かったです。
VIOはどんな脱毛方法でもある程度の痛みはあるようなので、そこは我慢しました。
短い期間で全身脱毛ができたので満足です。

 

年齢:20代
性別:女性
評価(5点満点):★★★★

 

リゼクリニック!予想以上に痛みがありません

脱毛は痛いというイメージが強かったのですが、どうしてもツルツルな全身の肌を手に入れたく、リゼクリニックで全身脱毛をやりました。
最近話題になっている最新機種をリゼクリニックで取り扱っていて、その機種は痛みが少ないと聞いたので期待しつつ施術を受けました。
結果、照射している部分に少しだけ熱さを感じる程度で、痛みはほとんど感じませんでした。
VIOラインもあまり痛みが無かったのですが、脇だけはどうしても我慢ができなかったので、麻酔クリームで麻酔をかけてもらいました。
麻酔によって痛みが無くなったのでストレスなく、全身の脱毛が完了しました。

 

年齢:30代
性別:女性
評価(5点満点):★★★