全身脱毛 月額

> 全身脱毛は月額いくらでできる?月額制ってどんな仕組み?

脱毛サロンの月額制とは?

全身脱毛 月額

「気になるムダ毛をキレイにしたい!」と脱毛サロンに通う方は多いのですが、全身脱毛が完了するまでにはある程度の期間が必要な上、費用も高額です。
そこで、費用負担を軽減するために月額制を採用する脱毛サロンが増えています。
とはいえ、「月額制がどういった料金体系なのか」、「回数制と何が違うのか」といった点がよく分からない方も多いですよね?

 

■月額制
脱毛完了までの回数を設定せず、「毎月〇〇円」という決まった金額を支払っていく料金プラン。
自分の好きなタイミングでやめられる点、脱毛完了時の総額が回数制より安くなるケースが多い点がメリットです。
とはいえ、施術を受けない月でも月額料金の支払いが必要なため、ある程度コンスタントに通えない方は余計な費用がかかるケースがあります。

 

■回数制
「10回20万円」といったように、「〇回施術を受けて、総額が○○円」という料金プランです。
あらかじめ総額が決まっているため、施術分しか料金がかからない点がメリットと言えるでしょう。
総額を分割して支払うこともできますが、途中でやめると解約手数料が必要となる点に注意が必要です。

 

以上が月額制と回数制の違いです。
ただし、「月額制」と謳っていても、決まった総額を月賦という形で支払うシステムを採用している脱毛サロンもあります。
このシステムは実質的に回数制と変わりませんから、脱毛サロンの料金システムを比較する場合は注意してください。

 

月額制は通い放題なの?全身脱毛は何回通えばいい?

本来の意味での月額制を採用している脱毛サロンであれば、決まった月額を支払えば回数無制限で通うことができます。
しかし、施術を受ける間隔は「2〜3ヶ月に2回」、「3ヶ月で4回」など脱毛サロンによって規定があるため、何日も連続して通ったり、週に1回通うようなことはできません。
なお、全身脱毛の効果を実感するためには、早い方でも6回は施術が必要と言われます。
期間にすると、最低でも半年〜1年はかかることを覚えておきましょう。

 

月額制サロンの通い方

月額制の脱毛サロンに通うためには、まず無料カウンセリングを受ける必要があります。その際に月額制・回数制などのコースを決めて契約するのですが、その後の脱毛の進め方にはサロンによって違いがあります。
というのも、1度施術を受けた部位は、次の施術までに2〜3ヶ月ほど期間を空ける必要があるため、脱毛の仕方によって通う間隔が変わってくるからです。
例えば、全身を2回にわけて脱毛するサロンの場合、「今月は上半身、来月は下半身」という通い方が可能です。
一方、全身を1回で脱毛するサロンの場合、「1度施術を受けたら次の施術は2〜3ヶ月」という通い方になります。
コンスタントに通える方には全身を2回にわけて脱毛するサロン、忙しくて頻繁に通えない方には1回で全身の脱毛をするサロンがおすすめです。

 

月額制の全身脱毛が出来るサロンは?おすすめサロンと料金

キレイモ

キレイモは、一般的な月額制を採用しており、月額9,500円で顔を含む全身33箇所の脱毛ができるプランが人気です。
また、好きなタイミングでやめられる点もポイントでしょう。
ただし、月額制の場合は予約の変更ができない点、施術毎にシェービング代1,000円が必要な点に注意が必要です。
キレイモには、月額制以外にも回数制のパックプランがありますから、比較検討してみると良いかもしれません。

 

脱毛ラボ

脱毛ラボも一般的な月額制です。
全身脱毛には、月額1,990円で全身48箇所の脱毛ができるプラン、月額1,490円で好きな24箇所を選んで脱毛できるプランの2種類があります。
月額制ならいつでもやめることが出来ますし、月に1回通える点もポイントです。
また、回数パック脱毛プランもありますから、「忙しくて月に1回も通えない」という方は、こちらも検討してみましょう。

 

シースリー

シースリーの月額制は一般的なタイプではなく、総額を分割で支払うシステムです。
具体的には全身53箇所の脱毛が、月額7,500円で総額290,000円という設定です。
とはいえ回数無制限で通える上、「脱毛品質保証書」を発行している点は見逃せません。脱毛品質保証とは、脱毛完了後に再度ムダ毛が生えてきた場合、追加料金なしでメンテナンスしてもらえるサービスです。
そのため、「納得いくまでじっくり脱毛したい」という方には、シースリーでの全身脱毛がおすすめです。
なお、分割払いはローンという形になるのですが、金利手数料はシースリーが負担してくれます。
ただし、途中でやめる場合は解約手数料が必要となりますから、注意しましょう。